ボンベロとの対面. ダイナーというデッド・オア・アライブの空間で、果たして誰が生き残り、誰が散っていくのか。そんな予想もしつつ、ボンベロとカナコの関係性や、さらにはキャストから美術に至るまでの煌びやかな美の競演をスクリーンで存分に楽しんでほしい。 ボンベロが初めてカナコのために作ったハンバーガー。 カナコをイメージしてきれいな色使いですが、ボンベロらしく斬新ですね。 このバーガーを食べて、カナコは、ボンベロのような料理が作りたいと 生きる意味を見出します。 diner ダイナー -平山夢明,河合孝典の電子書籍・漫画(コミック)を無料で試し読み[巻]。漫然と生きてきた25歳の大場加奈子は、ある日、小銭欲しさから闇サイトのバイトへ足を踏み入れる。犯罪へと巻き込まれ、絶体絶命の窮地に陥った時、謎の男・ボンベロに、その身を買われ命拾いをする。 カナコとスキンの関係、カナコの性格を考えれば「完璧なスフレをスキンに出してあげたい」と考えることは予想できると思うのですが…。ボンベロもちょっと爪が甘いんですよね。 出演者がとにかく豪華 (C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会. 僕はなんかこう、色々やっている人だ。 絵も描くし ゲームもするし アニメも見る。 本を読んだり noteや 小説も書く。 正直どれもこれも中途半端で、客観的に観ると何がしたいのかわからない。ほんとなんなんだこいつ。 diner ダイナー -平山夢明,河合孝典の電子書籍・漫画(コミック)を無料で試し読み[巻]。漫然と生きてきた25歳の大場加奈子は、ある日、小銭欲しさから闇サイトのバイトへ足を踏み入れる。犯罪へと巻き込まれ、絶体絶命の窮地に陥った時、謎の男・ボンベロに、その身を買われ命拾いをする。 そしてボンベロ・スキン・カナコの関係性があまりにも少女マンガ(というより、これは壮大な予算で作られた二次創作物) 劇中には過激な言葉が飛び交うのに、わたしはもうこの映画を胸キュンラブストーリーとしてしか楽しめないし、毎回新鮮な気持ちで悶えている。 逆にここまでカナコを追い詰めた事で、ボンベロの怒りが頂点に達してしまったところはあると思います ボンベロは、ただ手ごまを盗られて怒ってるんじゃない カナコが、 自分の命を賭してまでディーヴァを、そして菊千代を守り抜いたこと ボンベロとカナコも私は師弟関係を採用したので、勝手に片想いするのは自由ですが、両片想いなんてのも自由ですが、恋が成就するのは無しだから、ましてや私は初恋は成就しない派なので、2人の恋物語 … diner ダイナー diner ダイナー 4|殺し屋・キッドが去った店内(ダイナー)には、瀕死の相棒・菊千代(ブルドッグ)の姿が! やがてボンベロは、カナコを助けようとするが・・・。 はっきり言って、ストーリーはどう受け止めれば良いかわかりませんでした、 逃げ道がないような状態で、自分も「存在していいのか」悩みながらも、行動するカナコに頼もしさを感じました。 出演者: #藤原竜也 玉城ティナ #窪田正孝 #本郷奏多 武田真治 斎藤工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗旬 土屋アンナ 真矢ミキ 奥田瑛二 彼女の店に居ついて、どれくらい経っただろうか。 はじめこそ元殺し屋がそばにいてはまた危険に晒してしまうのではと一目会えたことに感謝して離れようともしたが、かつて俺のダイナーで啖呵を切ったようにカナコは決して譲らなかった。 ダイナー「キャンティーン」に現れる殺し屋たちがさまざまなトラブルを起こし、ボンベロやオオバカナコはそれに巻き込まれていきます。 映画「ダイナー」結末とボンベロは最後に死んだのか? 主人公であるボンベロは殺し屋の組織のトップであった「デルモニコ」に強い恩義を感じており� 蜷川実花ワールド、映画の世界観にどうやってこの曲が寄り添いつつ、その中でバチバチにやれるのかという、ボンベロとカナコの関係性のように、僕自身も突き放しながらも包み込むようなアプローチを意識して制作しました。 ボンベロがカナコの店に来るシーンは映画の為に作られました。 原作ではカナコがボンベロの来店を待つところまでで終わっています。 生死に触れていない分、原作の方がボンベロが生きている可能性が高いようにみえます。 ボンベロが生きていた場合、記憶喪失など自在に設定を決めること ボンベロとの対面. その後、オオバカナコは「Chimps Piss」という自身のダイナーを開き、ボンベロのために料理した「ボンベロズバック」というメニューを提供して、いつかボンベロが現れる日を待ち続けていました。 働いていくうちにボンベロやスキンにちょっと感情を抱いてしまうカナコ、そしてそんなカナコを密かにその危ない客人たちから守ろうとするボンベロ。この2人の関係もどんどん気になっていく作品です。 ボンベロはカナコをダイナーから追い出そうとしますが、カナコはボンベロのような料理人になりたいと言い、店にとどまることを宣言します。 それまで自分の居場所を見つけられないでいたカナコが初めて強い意志を見せます。 ダイナーでは元殺し屋の料理人ボンベロの元に来たオオバカナコですが、ボンベロにとっては大事な存在ではないためちょっとした失敗でも命を失う可能性がありました。 そこでオオバカナコは隙を突き高そう瓶をボンベロから隠します。 キッド様を拝みに行くために映画館へ足繁く通ってたけど家で見れるなんて最高に幸せ‍♀️‍♀️見る前から心臓がもたん pic.twitter.com/dopPXMayDY, そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。, 日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!(Diner ダイナー、公式サイトより), 極上の料理を出している<食堂>だけど店主ボンベロも客も殺し屋ばかり、そんなところに一般人であるオオバカナコが放り込まれます。, 聞くだけで危険だとわかる場所でどういう行動をしていくのか、あらすじだけで想像力が掻き立てられる内容ですね。, 【2019 映画】Diner #ダイナー 監督: 蜷川実花 最後までカナコを守ったボンベロに感動しました! 最後の決戦で、ボンベロはどうなっちゃったのかな?と思ってたいたけど、最後にカナコが開いた店に菊千代と一緒に来店してきたのを見てほんとに感動しました!! この映画は最高の作品です! ボンベロに殺される覚悟をするカナコ。 ドアから逃げるように言う、ボンベロ。 しかし、カナコは逃げなかった。 ボンベロは、鏡を撃ちカナコを殺さなかった。 2人の間に、信頼関係が生まれた。 しかし、カナコが狙われる事は確実になる。 ボンベロに殺される覚悟をするカナコ。 ドアから逃げるように言う、ボンベロ。 しかし、カナコは逃げなかった。 ボンベロは、鏡を撃ちカナコを殺さなかった。 2人の間に、信頼関係が生まれた。 しかし、カナコが狙われる事は確実になる。 こういう思い、こういう関係だった のでは. ボンベロとカナコの変化. 私立だいさんじ学園よかった#金剛力也像 #リオンあーと pic.twitter.com/pL82wQPBYl, ものまねカウンターで完封#FF7 #NintendoSwitch pic.twitter.com/ilhBQ8V8WA, そのうち300件行きそうSHIN23 (SHIN23)が見たアニメ | Annict https://t.co/q7UC11ToaX, 中高年層の多い地元の本屋・古本屋では大量の歴史小説が売り買いされている(他の小説の棚が少なくても歴史小説はしっかり幅を取っている)のが謎だったのだが、これ教養主義文化の残り香やったってことか pic.twitter.com/bNR7IyJSOz, 思弁的実在論の要所である「相関主義批判」に分かりやすく触れられます。可愛いイラスト付き♡メイヤスーをカンタンに読む(図解付き)|『有限性の後で』1章|#とまとめのとりとめのない話 @nisshinngeppo_ #note https://t.co/kN0xXSDge4, #カクヨムコン6 #カクヨムWeb小説短編賞2020 ニーチェ✕メイヤスー✕量子力学✕ライプニッツ✕ショーペンハウアー✕現象学✕百合✕スラップスティックで1万字ギリギリまで詰め込んだSF(FHS)はこちらです。声之響子は殺せない! - カクヨム https://t.co/fzC56Pai2Y, 正直どれもこれも中途半端で、客観的に観ると何がしたいのかわからない。ほんとなんなんだこいつ。, ところで、僕があれこれ手を出すのは、何をやっても「殺される」と思うからだ。別に銃を突きつけられているわけではないのだが、誰にも相手にされなければ、価値がないと見限られ続ければ、社会システムからどんどん外れて死ぬんだろうなという漠然とした感覚がある。若いうちはアルバイトでもなんでもすれば最低限喰いつなげるかも知れないし、まあ役所書類をちゃんと手続きできれば日本にいる限り死なずに済むようには出来ると思う。ただ、そうやって生き残って何になるのだろうか。別に生き残ったって誰も僕を待ってはいないし、必要とされてはいないのだ(必要とされなかったからこうなっているのだ)。そうなったら多分自分は家を空っぽにしてどこかの山奥とか滝とかで勝手に死ぬんだろうなと思う。, 僕はもしそういうふうに本当に追い詰められたら、自分のためにやれることはなくなると思う。僕はよく「何をやっても楽しくない」と愚痴をこぼしているし実際そう思う。趣味とか自分のためにやって楽しい、喜ばしいと感じられることはあまりない。僕があれこれやるのはだいたい「俺は死ぬんだ」ということを忘却するためで、死にたくないからだ。, せめて何かできれば、どっかで誰かに引っかかれば、生き残れはしないだろうか。あるいはもっとシンプルに、生きようと死のうと関係なく、自分のために純粋に何かを楽しめはしないだろうか。, そういう事を考えながらあれこれやっている。そういう事を考えながらなので、メンタルが辛くなって定期的に何もしなくなるし、鬱になるし、暗い。正直この自動思考にいいところはなにもない(だからといって代わりになる指針もないわけだが)。, 藤原竜也主演の映画。ド派手な色面で、設定も人名もキャラも展開もぶっ飛んでる。正直カナコがなんでボンベロ好きなのかわからん。吊り橋効果か?, ただ、この映画を見て損したとか最低だったとかは思わなかった。普通に演出もセットも面白いし、カナコ役の王城ティナも画になっててよかったし、窪田正孝好きだし、テーマソングDAOKOだし、満足度は普通に高い。, 「意味わからんかった。意味わからん原作を忠実再現してて意味わからんかった」といいつつ勧めてくれた御学友には「感謝」とLINEしておいた。, ここまでは感性的な話だ。僕がどういう思考や精神の持ち主かはあんまり関係ない。noteにしつつ考えてみたいのは、「死ぬ、死ぬ」と思いながらあれこれ手を出す自分は、「ダイナー」のオオバカナコを見てどう思ったのか。どういうことを感じただろうかということだ。, 読者諸兄は、僕とオオバカナコが似たようなものだと思うだろうか。まともに就職せず、ほっておいたら「いらない子」としてそのまま死んでしまうだろうオオバカナコと僕。「死にたくねえ」と思いながら必死にダイナーで働くオオバカナコと、色々手を出す僕。まあ、構図としては確かに似ているかもしれない。けれど正直、「ダイナー」を見て「僕はオオバカナコだ。オオバカナコが「ダイナー」で救われたので、俺も救われた気がする」とはならなかった。, オオバカナコと僕は決定的に違う。オオバカナコは気づいていなかっただけ、やろうとしなかっただけで、料理への適性も動機も経験もあった。その程度(質・量)は問題ではない。重要なのはそうした適正・動機・経験のあるものが料理だけで、都合よくボンベロとかいうとんでもない師匠が出てきたことだ。オオバカナコには最初から救済ルートが用意されている。ボンベロと巡り合う豪運も持ち合わせた(元殺し屋の凄腕シェフのもとで働くことになるなんて誰が経験するんだ)。その機会をつかめる蓄え(適正・動機・経験)もあった。, 僕にはそういうのはない。僕は死にたくないので色々手を伸ばしてのたうち回っているが、根本的には別にどれにも適正はない。動機もない。僕は小説を書いたり絵を書いたりする行為自体からは忘却という一時的な救済を得られるが、小説に描きたい内容も絵に描きたい内容も元来持ち合わせてはいない。別にやりたいことはなにもないのだがやることでしか安心できないのだ。ここがオオバカナコとは決定的に違う。あの女はなんだかんだ言って店の開店資金と尊敬できるシェフさえ存在すれば勝手にシェフになったのだ。あの女にはその動機があった。ただトラウマからそのあたりの認識が多少歪んでいただけだ。機会があればシェフになったオオバカナコと、根本的には何もしたくない僕は別物だ。, tkmizの世話を焼かれる中学生概念みたいな、話し下手だけどコミュニケーターがそばにいてくれて存在が許されるケースになりたいし、みんななれたら楽かもな等と思う, ぼーっとした女子中学生になってお姉さんタイプの親友に世話を焼かれたい pic.twitter.com/xsW7vUHReA, 多分、オオバカナコみたいな人は多いだろうし、僕みたいな人も多いと思う。けどもっと多そうなのは、本当は僕みたいに別に何もしたくないのだけれど、自分はオオバカナコだと思いこんで(しまって)いる人ではないだろうか。多くのフィクションが、ダイナーのオオバカナコみたいな救済のされ方をする。自分の「やりたいこと・やりたかったこと」を見つけて、成功するという救済展開。人間はフィクションで与えられる救済のことを、自分を救済してくれるものと思ってしまうもの(だと僕は思っている)なので、架空の救済事例をよく分析もせずに自分のことだと思い込み、自己理解を歪めてしまう。, オオバカナコの救済の中での、シェフとしての(小さな)成功は言ってしまえば資本主義社会の内部での経済的成功・経済的自立だ。受動的労働者(正社員は最初から闘争したのでバイト)となることをやめ、ボンベロからもらった元手で経済的自立を果たし裁量権と言う名の精神安定を獲得する。ボンベロが「追ってくるものから逃げるな。そいつは逃げれば逃げるほど追ってくる」と言ったときに「追ってくるもの」が意味していたのは資本主義社会だ。(なんか最近の映画こういうのが多いと思う。「アド・アストラ」もそうだった。主人公の親父が遠宇宙を目指したのも資本主義の柵から逃れるため。かつて月は資本主義の外部だったが「アド・アストラ」世界では月すら資本主義の舞台だ(一瞬映る月世界の背景を見よ。積み上げられた鋼鉄の摩天楼。工業と交通。惑星間運行”サービス”)。主人公が親父にたどり着くことでその目論見は結局失敗に終わることになる。いずれにせよ親父は資本主義から外れて完全に精神がイッており、船員もその修行的精神負荷に耐えきれず死んでいる)。, 資本主義は見えないところにいる。オオバカナコの成功は、そういう見えない資本主義の内部で完結する成功だった。では、あなたのメンタリティはどうなのだろうか。本当にオオバカナコのように「やりたいこと」があって、たまたまそれが叶えられないだけなのだろうか。それとも僕のように、別に何もしたくないが、資本主義の内部に居続ければ死んでしまうし、死にたくないからあくせくしているのだろうか。, 君だって後者かもしれない。本当に望んでいるのはオオバカナコ的救済ではなく、tkmiz的中学生概念(資本主義や就労・生活資金とは無縁で、人間の中に存在しさえすれば、誰かが隣にいてさえすればいい。別に何を成したいでもなく、むしろなにもしないでいたい)への変身かもしれない。, 一度胸に手を当てて「ダイナー」でも見てみるといい。窪田正孝の顔がいいので、少なくとも損はしないはずだ。, https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B082WJ4F2G/ref=atv_dp_share_r_tw_cf31e6f6ed814, 大阪の大学生 / 時々きまぐれにnoteを更新します / Twitterアカウント. ボンベロが菊千代だけには気を許していて、ボンベロに気に入ってもらえるようにカナコも菊千代との関係を作っていくのが楽しかったです。現場には、菊千代のぬいぐるみしかなかったのですが、完成した作品では菊千代が立派に戦っているのを見られてうれしくなりました(笑) 大変だっ� カナコを黙らせるように、ボンベロはいきなり自分の右目に指を入れ、義眼を掴みだしました。 「中に口座と暗証番号を書いたものが入っている。 店でも開け。 この日を待ち遠しく思ってました!個性豊かな殺し屋達と平凡な少女が織りなす五感を刺激するエンターテイメント!顔のいい男女が好きで映像美を浴びたい人、細かな事を気にしない人には特にオススメの映画です! pic.twitter.com/5r3K4YyWr9, — Σ/ダイナー発売おめでとう (@zatttt0ky) January 22, 2020, 以上『Diner ダイナー』のあらすじを見て、ネタバレを物語の流れに沿ってラストまで見ていきました。, 魅力的なキャラクター、特にオオバカナコとボンベロがキスをするほどの絆を持つとは最初からは想像できませんね。, 「殺し屋」という残酷な表現からは逃れられないテーマを扱いながらも、主役の二人の心の動きなどは多くの人にこころに響く作品だと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 家でゆっくりドラマや映画を見るのが大好きなAikumaです。ドラマ・映画のあらすじネタバレや感想に無料で動画を視聴する方法を紹介しています。記事へコメントいただけるとやる気UPします♪ダイエットやスキンケアなどの美容品を色々試すのも好きです!実際に使ってみた感想も紹介してます♪. カナコはボンベロの目を盗んで食糧庫に逃げ込み、そこの金庫に大切に保管されていた美しい装飾の瓶を隠し、ボンベロに交渉を持ちかけます。 その瓶は1億円以上の価値がある“ディーヴァ・ウォッカ”で、ボンベロは隠されたことに動揺を隠せません。 主題歌: DAOKO×MIYAVI 「千客万来」https://t.co/l0b7WMZ3wZ, 這部電影就是非常具有蜷川導演的風格~ pic.twitter.com/xA9EQvWXSH, 主人公オオバカナコは未来に対する明るい展望を持つことができず、人を信頼できない人です。, 両親に恵まれず何度も親に裏切られた結果そうなったオオバカナコですが、ある日ブラジルに興味を持ちます。, けれど自分が行きたいブラジルの街に行くには30万必要だったので30万が簡単に手に入るドライバーの仕事を受けました。, そのドライバーの仕事で人間を2人送っていたのですが、そのことが理由に襲撃を受け殺されそうになります。, オオバカナコは殺されないために「料理ができる」という自分の強みを示し、その結果生かされダイナーにたどり着きます。, ダイナーでは元殺し屋の料理人ボンベロの元に来たオオバカナコですが、ボンベロにとっては大事な存在ではないためちょっとした失敗でも命を失う可能性がありました。, その瓶は圧倒的な価値のあるものだったため紛失すると困るボンベロは、オオバカナコを殺さずウェイトレスとして雇いました。, スキンと呼ばれる男はオオバカナコにとって初めての客で、スキンはオオバカナコの鼻歌に興味を持ちます。, この鼻歌はオオバカナコとスキンの両方の母親、生い立ちに関係する意味のある歌だったのです。, ブロはオオバカナコに迷惑をかけますがスキンが助け、その後オオバカナコはスキンに異物の入ったスフレを出し、最初はおいしいと喜ばれますがすぐ落胆されます。, スキンが帰った後にキッドが来店しますが、少年の姿とは裏腹にキッドがブロの仲間を殺すなどの残酷な面を目の当たりにします。, そしてボンベロたちのボスが死んで1年経過するということがあり、来週ダイナーで4人の幹部が集まることが伝えられます。, そこでオオバカナコが隠した高そうな瓶を幹部の集まりで振る舞うという命令もあったので、オオバカナコはその集まりの前に渡すと返事をします。, 相棒は菊千代という名前の犬で人を殺すほど強く凶暴なので、ボンベロは留守をこの菊千代に任せて外出をします。, 「留守中にキッドが来るので待たせておけ」と言う電話がボンベロからあったので言われた通りしたオオバカナコでしたが、それはキッドの偽装トリックであり、菊千代の助けやボンベロの登場がなければ殺されるところでした。, とある日、傷ついたスキンの相手をしていたオオバカナコは小箱を渡されボンベロが困った時に役立てるようにと言われます。, スキンにスフレを出すオオバカナコが今回は中の異物取り除いて渡したところ、スキンのこころの均衡が崩れて狂気に陥ってしまいました。, スキンをもとに戻したいと思うオオバカナコでしたが、ボンベロにスキンは始末されます。, この失態を受けボンベロの前から姿を消すように促されたオオバカナコでしたが、それを拒否、ダイナーにとどまることを示します。, ボンベロを助けようとスキンから貰った小箱をオオバカナコが提出すると、ボスだった男を殺したのは今ボンベロが仕えている人ということが明らかになります。, この情報が契機となり幹部はそれぞれが殺し合いを始め、残った1人がボスになりました。, 新ボスはボンベロに自分のもとで働けと促すしますがボンベロはこれを拒否、ボンベロとオオバカナコは襲われます。, ボンベロが身を挺してオオバカナコを逃がす直前、一緒に逃げるつもりはないというボンベロの決意の強さを受けたオオバカナコは、外で開く自分の店に来るよう伝え、最後にキスをして別れます。, こちら、私が映画一ハマって初めて円盤を買ったダイナーでございます pic.twitter.com/HlpMGnUx0a, オオバカナコの成長とボンベロとの絆の紡ぎ方など最後に向かってどんどんと面白くなってくる作品です。, 映画ダイナー円盤発売おめでとうございます!! 元殺し屋の天才シェフ、ボンベロ(藤原竜也)のダイナー(食堂)で展開される殺し合いのパワーゲームを、ウェイトレスとして働く羽目に陥った平凡な女の子オオバカナコ(玉城ティナ)の視点から描くノンストップ・エンターテイメント『D […] ようやく合流したボンベロとカナコの信頼関係が良い。 最低最悪の狂人キッドの過去は大変おぞましくて最高。 悲劇的な過去が明らかになった上で最初から最後まで一貫してクソ野郎なキッドは良い悪役 … 自分以外の人( スキンやボンベロ) を ボンベロ登場シーンで既にガッカリ。 なぜなら、ボンベロが義眼じゃない! つまり結末が変わる…。 カナコの人生もあんなミュージカル調にする必要はあったのか? そもそもカナコの生い立ちも違いすぎて、カナコだけ設定が変わったのかと思った。 ウェイトレスも命の保証は全くないが、そんな非日常的な日常の中で、カナコは逞しく成長してゆくのである。 だが本書は、著者の他の作品と同様、ただ残虐で殺伐としているだけの小説では決してない。過去にボンベロと因縁がある美女・炎眉(えんび)が店に現れる四章あたりから、乾い� 店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」 日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。 カナコはボンベロに話し、ボンベロは誰かに電話したが全員不在。 ボンベロは命令通り九を殺そうとするが、九はアイスピックでカナコを人質にとった。九の正体は潜入捜査官だった。さらに九は『歌姫』を見つけてどこかに隠した。 ようやく合流したボンベロとカナコの信頼関係が良い。 最低最悪の狂人キッドの過去は大変おぞましくて最高。 悲劇的な過去が明らかになった上で最初から最後まで一貫してクソ野郎なキッドは良い悪役だった。 連載の方ではヤングジャンプでの掲載が終わり、Web カナコとスキンの関係、カナコの性格を考えれば「完璧なスフレをスキンに出してあげたい」と考えることは予想できると思うのですが…。 ボンベロもちょっと爪が甘いんですよね。 ダイナーでは元殺し屋の料理人ボンベロの元に来たオオバカナコですが、ボンベロにとっては大事な存在ではないためちょっとした失敗でも命を失う可能性がありました。 そこでオオバカナコは隙を突き高そう瓶をボンベロから隠します。 ボンベロ☆ . ないかと あらためてわかった気がする。 ボンベロの料理(芸術)は、 カナコの人生を豊かにするものだった。 そして、カナコは初めて. キッド(diner)がイラスト付きでわかる! ここでは、平山夢明氏の小説『diner』の登場人物について解説する。 「カナコが最初に憶えているものって何。最初の記憶」 「俺は蛇。赤い蛇が何匹も俺を喰い殺そうとして狙ってるんだ」 「俺は自分が殺しをしてるとは思わない。 オオバカナコは殺されないために「料理ができる」という自分の強みを示し、その結果生かされダイナーにたどり着きます. しかしダイナーで命の危機にさらされ、ボンベロとの信頼関係を築く中で孤独から解放されたのです。 現実の世界でもカナコのように孤独を抱えている人は多く、誰にも助けを求められずに苦しんでいるは … © 2021 Aikuwaのドラマ・映画ネタバレ All rights reserved. ボンベロとカナコも. ボンベロとカナコの関係性は、本作の大きな見どころの一つである。決して交わることなどないと思えた2人が、心を通わす瞬間。氷のような心の人物かと思われたボンベロが、意外な人間味を現す。 悪さしたと言えど、生き埋めにしなくても若い女なら使い道たくさんあると思うけどなーって思いながら読んでたら・・ で。行き着いた先がダイナーってお店 でカナコが頑張ってます。 店主のボンベロにこき使われまくり 命懸けの接客業に ボンベロはそれを防ぐためにあえて不純物(吸い殻、剃刀、チェスの城、10円玉など)を入れていたが、事情を知らなかったカナコが取り除いてしまい、狂ったスキンは犬のボイルとファキールを撃ち殺す。その後、落ち着いたかと思いきや自爆しようとしたためにボンベロに射殺された。 The 小説 "誰も放っておかない君" is tagged "ボンカナ". 僕はなんかこう、色々やっている人だ。 絵も描くし ゲームもするし アニメも見る。 本を読んだり noteや 小説も書く。 正直どれもこれも中途半端で、客観的に観ると何がしたいのかわからない。ほんとなんなんだこいつ。 今回は『Diner ダイナー』という映画のあらすじ、内容のネタバレなどをラストまで見ていこうと思います。, 『ダイナー』は「料理を出す客は全員殺し屋」というように「殺し屋」と「料理」というジャンルを合わせた作品です。, 「殺し屋」や「料理」を主軸にした作品は思い出すとたくさん作られていることに思いますがこういうのは記憶にないですね。, 「命を奪うもの」と「命を与えるもの」を両端にあるものを合わせながらとても面白い作品になっています。, 4回目のダイナー♥ 地獄というのがどのような場所かは、死んでから行ってみないことには誰にもわからないけれども、この世にも地獄に類した光景は存在しており、ごく一部の特異な才能に恵まれた作家だけが、それを見てきたようにありあ… やがてボンベロは、カナコを助けようとするが・・・。 はっきり言って、ストーリーはどう受け止めれば良いかわかりませんでした、 逃げ道がないような状態で、自分も「存在していいのか」悩みながらも、行動するカナコに頼もしさを感じました。